back numberのライブチケット2023の倍率は? 当落結果や一般販売についても調査!

ライブ・イベント

back numberのライブチケット2023の倍率は?当落結果や一般販売についても調査!

2022年12月16日

Pocket

この記事では、back numberのライブチケット2023の倍率についてまとめています。

 

日本のスリーピースロックバンドとして活躍しているback number 。

 

2023年のライブ情報も続々と公開されていますよね!

 

複数公演あるものの一体倍率はどのぐらいなのか気になる方も多いのではないでしょうか。

 

back numberのライブの申込対象はオフィシャルファンクラブ限定な訳ですが

 

2023年のライブに向けて加入するか検討している方もいると思います。

 

せっかく、ファンクラブにに加入したのに倍率が高くてライブに行けなかったなどがないようにしたいですよね。

 

そこで今回は、

この記事で分かること

  • back numberのライブチケット2023の倍率は?
  • back numberのライブチケットの当選結果について
  • back numberのライブチケットの一般販売について

について書いていきたいと思います!

 

back numberのライブチケット2023の倍率を見ていきましょう!

 

\ 特典付きCDはこちら! /

/ 楽天ならポイントが貯まる! \

 

back numberのライブチケット2023の倍率は?

早速、back numberライブチケット2023の倍率についてまとめていきます。

 

結論からですが、back numberのライブチケット2023の倍率は次の通りに予想します!

  • 1次先行は最低予想倍率約2.3倍〜最大約7.2倍。
  • 2次先行は最低予想倍率約4.5倍〜最大約14.2倍。

 

1次先行チケット倍率予想

▼チケット4枚応募した場合の試算

  • 8割がチケット4枚を申し込む場合:約7.2倍
  • 5割がチケット4枚を申し込む場合:約4.5倍

▼チケット2枚応募した場合の試算

  • 8割がチケット2枚を申し込む場合:約3.6倍
  • 5割がチケット2枚を申し込む場合:約2.3倍

 

2次先行チケット倍率予想

▼チケット4枚応募した場合の試算

  • 8割がチケット4枚を申し込む場合:約14.2倍
  • 5割がチケット4枚を申し込む場合:約8.9倍

▼チケット2枚応募した場合の試算

  • 8割がチケット2枚を申し込む場合:約7.1倍
  • 5割がチケット2枚を申し込む場合:約4.5倍

 

倍率については次の計算式で試算しております。

 

計算方法

当選倍率=申し込み者数(チケット申込数)÷会場収容人数

 

back number ほど知名度が高いアーティストはやはりこれぐらいの倍率になってしまいますよね、、、

 

次に、それぞれの申し込み者と会場の収容人数についても見ていきましょう!

 

back numberのライブチケット2023の申し込み者数は?

ここでは、back numberのライブチケット2023の申込者数について見ていきます!

 

結論、申し込み者は約17万人ぐらいになると考えられます。

 

申し込みの対象は1次先行と2次先行では異なっておりそれぞれ以下のように決められていました...!(※抽選制)

 

▼最速one room会員先行受付(抽選制)

back numberオフィシャルファンクラブ
「one room」gold key(年額)有効会員様(電子チケット対応端末をお持ちの方)

▼one room会員2次先行受付(抽選制)

back numberオフィシャルファンクラブ
「one room」gold key(年額)& silver key(月額)有効会員様(電子チケット対応端末をお持ちの方)

 

肝心の申し込み者数の推定なのですが、該当のファンクラブ会員数を正確に見積もることは難しいです。

 

そのためSNSのフォロワー数を指標に仮定します。

 

Twitterフォロワー数…約48万人 (2022年12月時点)
Instagramフォロワー数…約19万人 (2022年12月時点)

 

どちらのSNSをフォローしている方もいると思うので、それぞれのフォローの平均を考えます。

 

48万人+19万人=67万人
67万人÷2=38.5万人

 

フォロワー38,5万人の中でも、全員ファンクラブに加入しているとは考えづらいため、5割19,25万人が対象者だと考えます。

 

このファンクラブに加入している方であれば、9割は応募すると考えられるので約17万人がチケットの申し込みを行うと思います...!

 

そして、back numberのライブは1公演につきチケット4枚まで申込むことが可能と公式に記載があります。

 

ポイント

▼チケット4枚応募した場合の試算

  • 8割がチケット4枚を申し込む場合:約54万人
  • 5割がチケット4枚を申し込む場合:約34万人

▼チケット2枚応募した場合の試算

  • 8割がチケット2枚を申し込む場合:約27万人
  • 5割がチケット2枚を申し込む場合:約17万人

 

やはりback numberの人気も凄まじいですね......

 

back numberのライブチケット2023の収容人数は?

収容人数についても見ていきましょう!

 

back numberライブチケット2023の収容人数は次の通りとなります!

 

会場動員数

  • 【大阪】京セラドーム大阪 55,000人
  • 【愛知】バンテリンドーム ナゴヤ 49,427人
  • 【北海道】札幌ドーム 53,845人
  • 【東京】東京ドーム 55,000人
  • 【福岡】PayPayドーム  52,000人

 

それぞれ1公演あたりに収容できる人数が以上です!

 

これらを合計すると、会場動員数は215,772人となります。

 

しかし、それぞれの公演数を加味すると北海道のみ1公演他は2公演のため会場総動員数は377,699人となります!

 

ここから1次先行と2次先行でそれぞれ枠を決めていきます。

 

1次先行は2割、2次先行は1割と仮定しだ場合それぞれの動員数は以下となります。

 

  • 1次先行・・・約7万5千人
  • 2次先行・・・約3万8千人

 

back numberのライブチケット2023の当落結果発表はいつ?

back numberさんのライブチケット「back number in your humor tour 2023」当落結果の発表日は次の通りです。

 

one room会員2時先行受付

  • 受付期間について:12月7日(水) 12:00~12月15日(日) 18:59
  • 当落結果発表について:12月24日(土) 15:00
  • 入金期間について:12月24日(土) 15:00~12月27日(火) 23:00

 

最速one room会員先行受付(抽選制)

  • 受付期間について:11月21日(月) 18:00~11月28日(日) 18:59
  • 当落結果発表について:12月3日(土) 15:00
  • 入金期間について:12月3日(土) 15:00~12月6日(火) 23:00

 

次の当落結果発表については2022年12月24日(水)に行われるようですね。

 

忘れないようにスケジュールをチェックしておきましょう!

 

back numberのライブチケット2023の一般販売は?

back numberのライブチケット2023の一般販売についても見ていきたいと思います。

 

結論、一般販売についてはまだ公式情報が出ていない状況です!

 

1次先行と2次先行ともにファンクラブ会員限定という点もありますで気になりところですね....

 

大体、1次先行と2次先行にそれぞれ1ヶ月かかったと仮定すれば2023年の1月-2月辺りに販売されそうですね...!

 

詳細については、後日追記予定となりますのでお待ちください^^

 

「back numberのライブチケット2023の倍率は?」まとめ

本日は、「back numberのライブチケット2023の倍率」についてまとめていきました!

 

結論、1次先行は最低予想倍率約2.3倍〜最大約7.2倍のようですね。

 

2次先行では最低予想倍率約4.5倍〜最大約14.2倍ほどになりそうです。

 

2次先行となるとかなり倍率は高いそうですよね.....

 

今回は、「back numberのライブチケット2023の倍率は?当落結果や一般販売についても調査!」と題してお送りいたしました!

 

back numberのライブに参加できることを祈って....^^

 

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

 

\ 特典付きCDはこちら! /

/ 楽天ならポイントが貯まる! \

-ライブ・イベント