桜島の噴火警戒レベル5とはどれぐらいやばい?風向きはどの方向かも調査!

ニュース

桜島の噴火警戒レベル5とはどれぐらいやばい?風向きはどの方向かも調査!

Pocket

今回は、桜島の噴火警戒レベル5とはどれぐらいやばいのかについて調査いたしました。

 

2022年7月24(日)に鹿児島県の桜島で噴火が起きてかなり大変な状況です。

 

警戒レベルも最大のレベル5に引き上げられ非常事態となっております。

 

そこで、噴火警戒レベル5とはどれほどの状態なのかをまとめましたので参考にしてください。

 

また、危険地区にいる方はいち早く身の安全を確保できる策を取っていただけると幸いです。

 

合わせて、桜島噴火の風向きについてもリアルタイム情報をお伝えしますので参考にしてください。

 

桜島の噴火警戒レベル5とはどれぐらいやばい?

結論、警戒レベル5は「危険な移住地域からの避難すべきレベル」と定義されています。

 

危険地域とは南岳山頂火口を中心として3km-3.5kmあたりです。

 

直ちにこの付近の移住者は退避が必要です。

 

しかし、現在のニュースでは「噴火が切迫している状況ではない」とされており焦りすぎず対応を.....

 

詳細追記中〜〜〜

 

▼気象庁より公表されている警戒レベルの指標(引用:資料URL

桜島の噴火警戒レベル5とはどれぐらいやばい?風向きはどの方向かも調査!

桜島の噴火警戒レベル5とはどれぐらいやばい?風向きはどの方向かも調査!

 

 

桜島噴火の風向きはどの方向かも調査!

現在、桜島の噴火の風向きは上空の風向きから、噴煙は東方向に流れているものと考えられます。(引用:ウェザーニュース

 

噴火(爆発)が発生したのは南岳山頂火口だそうです、、、

 

また、噴煙は火口上300m(海抜4500FT)で雲に入っていると報じられています。

 

「桜島の噴火警戒レベル5とはどれぐらいやばい?」まとめ

今回は、桜島の噴火警戒レベル5とはどれぐらいやばいのかについて調査いたしました。

 

詳細は、まだ追記中です。

 

本日は、「桜島の噴火警戒レベル5とはどれぐらいやばい?風向きはどの方向かも調査!」と題してお送りいたしました。

 

引き続きニュースのチェックをお願いいたします!

 

-ニュース