漫画・アニメ

saoのユウキは何話に出てくる?感動シーンや名言も紹介!

Pocket

今回はsaoの人気キャラクターのユウキについて記事をまとめました!

saoのユウキは何話に出てくる?感動シーンや名言も紹介!と題してお送りいたします。

 

ソードアートオンライⅡの後半で登場するユウキ。

なんと言っても、ユウキ登場回が「泣ける」「感動」などの嵐で名シーンも多かったです。

 

私も何度も見直してユウキ登場回の魅力にハマってしまいました。

 

今回は、そんなユウキが何話で出てくるかと名シーンも合わせて紹介いたします!

 

この記事で分かること

  • saoユウキは何話から何話で登場するか
  • ユウキの感動シーン
  • ユウキの名言

 

saoのユウキは何話に出てくる?

saoのユウキは何話に出てくる?感動シーンや名言も紹介!

 

ユウキのアニメ登場回は何話から何話?

ユウキに関するアニメは登場回は、「ソードアートオンラインⅡ 18話~24話」で登場します!

 

最初の18話では、噂の凄腕プレーヤー「絶剣」として名を広めているという点がメインとなります。

また、18話ではキリトを破ったとプレーヤーと内輪で話題に、、、!

 

その話を聞いたアスナは「絶剣」に興味を持ち戦うことを決意します。

 

なので18話では姿はしっかりとした見れず、19話からユウキが本格的に登場します!

 

19話では早くもアスナ vs ユウキが見れますので戦闘シーン好きな方は盛り上がる回となりますね^^

 

感動シーンや名言も紹介!

saoのユウキは何話に出てくる?感動シーンや名言も紹介!

 

 

感動シーン1:ユウキとの別れシーン

何度も見返してしまうシーンと呼び声も高い、ユウキとの別れのシーンです。

 

24話の最終回、ついに病気持ちのユウキが寿命を迎えてしまいます。

 

ユウキはアスナに「最後のプレゼント」オリジナルのソードスキルを渡した直後に倒れてしまいます。

 

そこに、ギルドメンバーが駆けつけます。

 

ユウキはすかさず「最後の見送りはしないって約束なのに。」とぼやきます。

 

それに対し、ギルドメンバーは「俺たちもすぐに行くからと

 

涙を堪えきれない、メンバーにユウキは「しょうがないなぁ、ちゃんと待ってるからなるべくゆっくり来るんだよ」と告げます。

 

そして、ユウキの弔いのために妖精の群れを呼び盛大に見送るというシーンになります。

 

ユウキの旅の終わりへの想い。

そして、それに応えるアスナの掛け合いがグッときます。

 

私は、このシーンを見るために何度もこのマザーズ・ロザリオ編を見返してしまいました( ;  ; )

 

感動シーン2:アスナが現実世界のユウキを見つけるシーン

現実世界のユウキのいるに病室にたどり着いたアスナ。

 

ヴァーチャル世界で再開を果たし語り合うシーンです。

 

ユウキは自分の口から、ギルドメンバー冒険の事情について話します。

 

余命宣告をされているメンバーと共に冒険をしてきたと知ったアスナはユウキたちへの思いが溢れます。

 

なんでかな。アスナが現実世界の僕を見つけてくれるような予感がしたんだよ。何にも教えてなかったんだから、そんなわけないのに。でもアスナは来てくれた。僕、予感が当たるのは結構珍しいんだ。嬉しかったよ、すごく。 By ユウキ

 

この3年間で僕たちいろんな世界でいろんな冒険をしたよ。その最後の1ページはアスナと一緒に作った思い出にしたいんだ By ユウキ

 

刻一刻と深まっていた関係が長くは続かないと知るっていうのは本当に辛いですよね。

このシーンは切なさと共に、最後まで一緒に楽しもうと吹っきれるような部分が繊細に描かれていています。

 

感動シーン3:オリジナルソードスキルをアスナに渡すシーン

こちらも最終回で、ユウキが最後を迎えるシーンです。

 

アスナを呼び出したユウキはオリジナルソードスキルを披露し巻物に封印します。

 

最後の力を振り絞ってアスナに渡します。

 

「技の名前は、マザーズ・ロザリオ。きっとアスナを守ってくれる」と伝え譲渡します。

 

アスナもそれに応え、「約束するよ。もし私がいつかこの世界を立ち去れる時が来ても、その前に必ずこの技は誰かに伝える。あなたの剣は永遠に絶えることはない」と言います。

 

名言1:「ぶつからなきゃ伝わないこともあるよ。例えば、自分がどれぐらい真剣なのか、とかね。」

ボス戦にのぞむユウキたちが、通行止めと足止めをするギルドに出会した時のシーンです。(※20話 「スリーピング・ナイツ」

 

先を譲ってくれず理不尽に足止めするギルドたちに、ユウキは戦いを挑みます。

 

覚悟を決めたユウキはが言った一言がこの名台詞です。

 

「ぶつからなきゃ伝わないこともあるよ。例えば、自分がどれぐらい真剣なのか、とかね。」 By ユウキ

 

このシーンは本当にいいですよね。

私たちの日頃の生活でも力をくれる一言になりそうです。

 

名言2:「意味なんてなくても生きてていいんだって。だって、最後の瞬間がこんなにも満たされているんだから」

最終回でユウキが最期を迎えるシーンで言ったセリフです。

 

「ずっと、考えてた。死ぬために生まれた僕がこの世界に存在する意味はなんだろうって。なにも生み出すことも与えることもせず、たくさんの薬や機械を無駄遣いして。周りの人たちを困らせて。自分も悩み苦しんでその果てにただ消えるだけなら、今この瞬間にいなくなった方がいい。何度も何度もそう思った。なんで僕は生きてるんだろう。でも、ようやく答えが見つかった気がするよ。意味なんてなくても生きてていんだって。だって、最後の瞬間がこんなにも満たされているんだから。こんなにたくさんの人に囲まれて、大好きな人の腕の中で旅を終えられるんだから。」 By ユウキ

 

ここのセリフは圧巻です。ユウキの思いが最大限に詰まっているシーンとなりました。

余命宣告で生きることに意味を見出せなかったユウキ。

 

でも、仲間のギルドメンバーやアスナとの冒険を通して「意味なんてなくて生きていいんだ」と言えるように成長しました。

 

どん底の中でも光を見出すことの意味やありのままを受け入れる姿勢が胸に響きますね。

 

それに対するアスナのセリフも素敵でしたね。

最後の最後までユウキとの出会いに感謝していることが感じれます。

 

「私は、必ずもう一度あなたと出会う。どこか、違う場所、違う世界で。絶対にまた巡り合うから。その時には教えてね、ユウキが見つけたもの。」 By アスナ

 

名言3:「もし、相手に嫌われちゃってもいいんだ。その人の心のすぐ近くまで行けたことに変わりはないもんね」

この名言は、ユウキがアスナの相談に答えた時のシーンです。(※23話 「夢のはじまり」)

 

「僕は演技でもいいやって。それで笑顔でいれる時間が増えるなら全然構わないじゃやないってさ。ほら、僕はもうあんまり時間がないからさ。遠慮する時間がもったいないって思っちゃうんだよね。最初から、ドカーンってぶつかってさ。もし、相手に相手に嫌われちゃってもいいんだ。その人の心のすぐ近くまで行けたことに変わりはないもんね」 By ユウキ

 

時間が限られてるからこそ、躊躇せずぶつかっていくことの大切さを気づかせてくれるシーンですね^^

「もし嫌われちゃっても、その人の心のすぐ近くまで行けた」なんて素敵な考え方です。

 

物事の捉える方一つで世界は変わりますね!

 

saoのユウキは何話に出てくる?まとめ

saoのユウキは何話に出てくる?感動シーンや名言も紹介!

saoユウキは何話に出てくるかについてまとめました!

また、感動シーンや名言についても合わせて書きました。

 

ソードアードオンラインⅡ 後半のマザーズ・ロゼリオ編。(※18話から24話)

saoはシリーズが長く名シーンも多いですが中でもユウキが出てくる回はファンも多いです!

 

それだけ、心に残る感動シーンやキャラとしての人気度が高いです。

 

ピンポイントでも何度も見返すのもありですね!

 

以上、「sao ユウキは何話にでてくる?感動シーンや名言も紹介!」と題してお送りいたしましました!

-漫画・アニメ